ブロークンイングリッシュを避ける音読学習

第二外国語として英語を学ぶ場合、日本人には大きなハンデが存在します。よく知られている通り、日本語と英語は文法的な違いが非常に多いので、日本人的な感覚で話してしまうといわゆるブロークンイングリッシュと呼ばれるような支離滅裂な文章になってしまいます。そのため日本の英語教育では主語や述語と言った文法を徹底し、理論として言語を学んでいくのですが、こうした文法重視の英語教育は常に批判の目を向けられることも確かです。多くの方の英語嫌いのきっかけとなるこれら文法ですが、前述の通り根本的な言語的違いを抱える日本人には、避けては通れないというのも事実です。
そこで近年注目されているのが音読によって、理論ではなく体感として英文法を身につけるというものです。音読は発音の練習やリスニングの上達と言った目的で行われることが多いですが、英語を含む第二外国語を学ぶ上では非常に重要な意味を持ちます。本来人間は爆発的に飛び込んでくる言語を繰り返しながら学習していきますが、音読はこうした言語習得の基本原理に則って英語を学習することが出来ます。
音読によって英語の定型文を大量に発音しストックしていくことで、英語の文法が自然と吸収されます。これまでは主語や述語に分類して英作文や英会話を行っていた方も、こうした大量の音読によって文章をストックすることが出来れば、日本人が陥りがちなブロークンイングリッシュを脱し、ごく自然な形で文法を身につけることが出来ます。もちろん従来音読で期待されてきたような発音やリスニングなど相乗的に身につけることが出来るので、英語学習の成果は飛躍的にアップします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加