ネイティブとの英会話を盛り上げるのに役立つおすすめテーマ

20160304_imai_16_ネイティブとの英会話を盛り上げるのに役立つおすすめテーマ_01

ネイティブと会話をしたときに「会話が盛り上がらなかった」ということは結構あります。「言いたいことがうまくいえない」というジレンマに加えて、せっかく英会話を楽しもうとしているのに「会話が盛り上がらない」となってしまうと、「自分にはやっぱり英会話は向いていないのかな。やめようかな」とか、「お金払っちゃったし、支払った分は行くけど、その後はやめよう」と、どうしても後ろ向きに考えてしまいがちです。

■盛り上げるコツ

こんなときは、会話のトピックスの内容を事前に考えておくと、うまくいくことが多いものです。トピックスの内容は「自分の興味のあるもの」「真面目すぎないもの」をテーマの基本にすべきですが、それに加えて「ネイティブの文化と日本の文化を比較できるもの」をプラスアルファとして準備しておけば、話が盛り上がる確率はグッと上がります。

「ネイティブの文化と日本の文化を比較できる」というと一体どんなものがあるのでしょうか?様々なものが挙げられますが、私がオススメするテーマは「学校の話」です。

■「学校の話」で盛り上げる

20160304_imai_16_ネイティブとの英会話を盛り上げるのに役立つおすすめテーマ_02

学校というと一見真面目なテーマにとらえてしまいますが、ネイティブの生まれた国の学生は普段どんな生活をしているのか?というところからはじまり、

部活動はあるのか?
給食はあるのか?
受験はあるのか?

この様に細かいテーマに分類していき、日本の学校と比較すれば、盛り上っていきます。

そこから更に「自分は小学生の頃はこんなことをしていたのだけれど、あなたは?」「中学生の時は陸上部だったんだけど、女子にはあまり人気がない部活で・・・あなたの国で女子にモテるスポーツは何?」などと、自身の経験を織り交ぜてネイティブから話を聞き出したり、相手も興に乗ってくれば質問をしてきたりして、盛り上げていくことができます。

大学入試は世界中にありますが、日本独特の入試制度もネイティブの興味を引き出し、会話を弾ませるトピックの一つです。

20160304_imai_16_ネイティブとの英会話を盛り上げるのに役立つおすすめテーマ_03

このようにして、毎回「ネイティブの文化と日本の文化を比較できるもの」を意識して会話に挑めば、会話にも熱が入りますし、「次はあのテーマでいこう。よしやるぞ!」とモチベーションを維持できるはずです。

会話が中々盛り上がらないと思った時は、ぜひ「ネイティブの文化と日本の文化を比較できる」テーマを探してみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加