いつかアメリカに行きたい私が実行してきたアメリカ英語の学習法3選

20160617 いつかアメリカに行きたい私が実行してきたアメリカ英語の学習法3選

漠然と英語が話せるようになる必要があると思っていたことがそもそものきっかけでした。初めて英会話教室に通ったのは、たまたま地元の広告に出ていたからでしたが、その経験が更なるきっかけとなり、いつかアメリカに行ってみたいと思うようになりました。

現地の知人も複数でき、彼等と現地で話すときにできるだけ同じように会話したいと思い、手探りながら英会話学習を続けています。いつかアメリカで自由にコミュニケーションを取れるようになり、現地の文化を多く吸収することが今の最大の目標です。

【英会話教材ランキング3位】レアジョブ

https://www.rarejob.com/
  • 購入金額:毎日25分で5800円
  • 総合評価:★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★★

毎日英語で会話することが大事だと思い、ネットで可能なオンライン英会話大手の「レアジョブ」を利用させてもらいました。毎日会話できるということで、週一の授業などよりも日常で英語を意識することが多くなったと思います。

また、ネットでの予約制なので、どこにいても時間を気にせず続けられることは非常に大きなメリットだったと思います。料金も安いので経済的にもやさしいです。

ただ、講師はフィリピン人講師メインということで、私が覚えたいアメリカのネイティブ英語とはやはり異なります。知人のアメリカ人ネイティブに聞いても、彼等の話はもちろん通じるし、英語としても問題はないが、イントネーションや発音などは異なるそうです。とにかく英語が通じさえすれば良い、という方にはおすすめできると思います。

【英会話教材ランキング2位】YouTubeを利用した英語学習

https://www.youtube.com/user/TEDtalksDirector/featured
  • 購入金額:無料
  • 総合評価:★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★★
    ・サポートは充実していたか ★

大手動画サイトのYouTubeを利用しての英語学習方法です。きっかけは、とても好きな海外のCMがあり、分からないながらもYouTubeで見ていると、「字幕」ボタンが有ることに気づいたことでした。字幕を使うと、動画で話している英語を文章で表示してくれます。動画のスピードも遅く出来ますし、何回同じ部分を聞いても嫌な顔をされることはありません。

また、「TED」などの英語口論の動画なども有ります。必ずしもアメリカやイギリスなどの決まった国籍の方々が話すわけではありませんが、人に聞いてもらうように話す彼等のトークは一見の価値があります。非常に多くの動画が無料で時間を気にせず見られるため、いつでも気軽に利用できることは非常に大きなメリットだったと思います。

ただ、他の英会話教室などと違って、誰かに手助けしてもらうことはできません。仮に間違った英語を覚えてしまっても、気づくまでそのままという恐れもあります。できれば何らかの英会話学習の補助として使うと良いのではないかと思います。

【英会話教材ランキング1位】地元の英会話教室

http://eigohiroba.jp/

★英会話教室検索サイト

  • 購入金額:週1回60分で月に7880円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★

地元にある教室に通うため、仕事終わりなどでも余裕を持って勉強しに行くことが出来ました。比較的日本人講師よりも外国人講師を多数揃えることに力を入れているところだったようで、実際のネイティブの英会話を学ぶことが出来ました(アメリカで英語を使うという目的があったので、アメリカ人ネイティブ講師に教わることが出来たことは非常に良い点でした)。

反面、週一60分というコマ数は、やはりしっかりと英語を話せるようになるには少なかったように感じます。コマ数を増やすことも出来ますが、当然月謝は高くなり、経済的負担は大きめの学習方法だと思います。

ネイティブとの対面会話はこれ以上ない学習ですので、その点では他よりも英会話学習として大きなメリットだと思います。講師により当たり外れ(人間性や協調性)などはどうしてもありますので、そのあたりは自分で良い講師を探すしかないです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加