通訳者になるには語学学校に通うのが近道

通訳者になる為には、必ず資格が必要という訳ではありません。
旅行会社に勤めて海外から日本への旅行者を案内するならば、国家資格でる「通訳案内士」か観光振興会(AISO)認定資格の「ツアーガイド」があった方が有利です。
しかし通訳者になりたいという意志があれば、資格はなくてもやる気次第で道は開けると思いましょう。
通訳者になる為には当然ですが、語学力が堪能なことが必須条件になります。
語学だけではなく、日本の歴史や海外の文化や宗教にも深い知識が必要です。
通訳者は非常に気を遣う仕事で、通訳のせいでトラブルになることも多いのです。
留学経験がある人や帰国子女は当たり前ですので、通訳になる為には留学もしておくべきです。
そして何より大切なのは瞬発力で、英語に堪能で相手が話していることが分かっても、すぐに日本語に直すのは非常に困難です。
うっかりすると相手が全て言い終わってお互いに間に沈黙が残ってしまうこともあります。
そんな不手際を防ぐ為にも、やはり通訳養成の専門学校には行っておいた方が良いでしょう。
通訳の専門学校では瞬時に必要な言葉をキャッチして日本語に並べ替えるトレーニングをしてくれます。
語学専門学校を卒業したら、まずはボランティアに登録したり、派遣会社で通訳として経験を積みましょう。
いきなりフリーで通訳として成功するのは難しく、収入は安定しないものです。
まずは副業として週末や連休を利用して通訳の仕事をして、実績を積んでいくのがお勧めです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする