翻訳者になるには翻訳業界の仕組みを知っておくことが重要

翻訳者の仕事の魅力とは、フリーで仕事ができ、組織や時間の拘束のないことが魅力と言えるのではないでしょうか?
翻訳者の仕事とは、大きく分類して3つあります。
まず、映画の字幕などを翻訳する映像翻訳、次に書籍などを翻訳する出版翻訳、最後はビジネスを扱う実務翻訳です。
この翻訳の仕事の9割は実務翻訳だとも言われていますが、この実務翻訳社になるためには、どうすればいいのでしょうか。
そこには、翻訳業界独特の仕組みがあります。
どういった勉強をすれば翻訳者になれるのかと言うと、ある程度以上の語学力は必須ですが、語学力があるだけでは翻訳者になることはできません。
翻訳の仕事とはどういったものなのか、また翻訳会社のトライアルではどういった点に注意すべきなのか・・ということを書いてみましょう。
まずは、翻訳業界の仕組みを知っているかいないかが、翻訳者になれるかどうかを左右するとも言えます。
実務翻訳者になるには、その仕事の種類などにもよって、いくつかの道があるでしょうが、フリーの場合、翻訳会社のトライアルを受けたのち、会社に登録することになっています。
なので、翻訳業界の仕組みや、在宅翻訳者になるためのトライアルとはいったいどういったものか?また、どういった点に注意すべきなのか・・などを知っておく必要がありそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加