翻訳家になるにはどうすればいいの?

翻訳家になるにはどうすればいいのでしょうか?
翻訳家には外大出身や、英文科出身の人が多いですが、卒業さえすれば必ず翻訳家になれるわけではありません。
卒業資格が必ず必要というわけではないですが、語学について専門的に勉強することは無駄ではないでしょう。
また、出版社が仕事を頼む際に学歴を気にする場合もあるそうなので、有名大学を出ていればメリットがあるかも。
翻訳家として仕事をする際、特に必須の資格はないのですが、英語であれば英検の1級程度、TOEICなら900点位のスコアが必要とされています。
さらに、社団法人日本翻訳協会が主催している試験にパスしていますと、就職や仕事の際に有利になる場合があります。
翻訳者用の学校は専門の学校なので、つてや直接仕事につながる機会に優れているようです。
翻訳会社が運営していることも多いので、母体の会社に就職できたり、登録できたり、また優秀な人には卒業後に進路が与えられることがあります。
他にも翻訳業界と関わっているので、色々な仕事の話や、出版業界とのつながりもあり、横や縦の人脈ができ、役に立つ情報が得られるのは確かでしょう。
なので、何等かのチャンスをきっかけとして、仕事を得られる機会が増えるでしょう。
ですが、本人の実力は大切です。
翻訳家に必ずなれるということが決まっているわけではありませんが、有利になるのは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加