TOEICで高得点を取るには自ら発音できるようトレーニングすること

TOEICの問題の傾向として、簡単な問題と難しい問題があります。
その部分について把握しておくことが重要です。
初心者が確実に点数を取るために重点を置くべきところとは、パート1.2とパート5.6でしょう。
このパート1.2.5.6は、パート3.4.7に比べて、語彙や表現、問題数が少なく、また少ない時間で得点しやすくなっており、初心者の人や点数のなかなか伸びない人は、特にこの4つのパートに重点を置いて勉強するといいでしょう。
なお、英語のリスニング力をアップさせるために知っておくこととは、まずは聞くだけで英語力がアップするというものからの脱却でしょう。
このことでほとんどの人が時間を無駄に費やしているからです。
根拠になっていることは、子どもが英語を勉強するのと同じように勉強する・・というものなのですが、これを読んでいるのは大人のはず。
大人には大人のための勉強法があるはずです。
では、どういった勉強法があるのでしょうか。
次のようなことを耳にしたことがあるでしょうか?
自分のできる発音の音は、聞き取りもできるはず・・・。
このことを言う専門家はかなりおり、一度は誰でも耳にしたことがあるかも。
実際にこれは正解で、自分が発せられる音は、細かい音でも聞き取れるようになるのです。
なので、自ら発音できるようになるということはとても重要なことなのですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする