英会話の時に役立った言葉と英語の訛りについて

英会話初心者にとって外国人の英語を聞き取る事は非常に難しく最初はさっぱりわからないものなので、ゆっくり話してもらえるようにお願いする言葉を覚えておくといいです。
学校で習う「Please speak more slowly」(もっとゆっくり言ってください)で通じるのですが、既にこちらのレベルに合わせて喋ってくれている場合は相手を苛々させてしまったり困らせてしまったりするので注意が必要です。

こういった場合私は「pardon me?」(もう一度言ってもらえますか?)と言っていましたが、こう言うと相手はこちらが分かっていない事を理解してくれてもっと分かりやすい表現に変えてくれたり、文を区切って喋ってくれたりするので助かりました。

更にpardonという言葉は許すという意味でpardon meを直訳すると「私を許してください」となるので、下からものを言う言葉になります。なので相手を不愉快にさせる事が少なく、より丁寧に対応してくれる印象があります。

日本人が教育で習う英語はアメリカ英語がほとんどですが英語にも日本語と同じようにそれぞれの国や地域で訛りがあり、聞き取りやすい英語もあればそうでない英語も多いです。これは英会話初心者・上級者関係なく思う事だと思います。

例えば、イギリスの人と上手に話せるようになりたい等目的がしっかりしているのであれば、イギリス訛りを主に慣れていくと聞き取りもスムーズになります。そういった場合その国の映画等を英語字幕で見たりする事も、発音の違いがわかっていいかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする