映画やロックのワンフレース

学校で習う英語と実際に話す英会とでは、中々、実践的ではないかどうかとういうことを感じることがあります。実際の外国人と出くわして、向こうから何かを聞かれると、英会話で話すことに慣れていない人は、かなり戸惑うものですね。

しかし、身振り手振りと少しの英語の知識に最低限のコミュニーエションが取ることができることもあります。そうなると、ちょっとした自信につながり、ますます英会話に興味が沸くものです。

英会話をマスターするにはま、ネイティブの会話を聞くことが一番、効果的なのですが、意外の面白いのが、映画を見たりロック音楽を聴いたりすることです。この中では、中々、習うことができない表現のフレーズを学ぶことができるのです。

筆者の記憶に残っているフレーズは映画の中でありました。かなり古い外国映画ですが、「ストリート・オブ・ザ・ファイヤー」という映画だったかと思います。

その時にフレースは「灯を消せ!」というセリフ。英語での表現は「Kill the light.」、直訳すると「灯りを殺せ。」。私たちが普通、習う英訳は「Turn off the lighit.」

少し乱暴な表現なのですが、確かに言葉の意味は理解することができます。このような表現は、ネイティブだからこそ、できる表現なのからと思います。映画だけではなく、ロック音楽でも、サバけた表現のフレーズの歌詞を学ぶことができると思います。

英会話レッスン用の教材で勉強することもいいのですが、このような学び方もいいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加