英語でパーティーに誘われた時の返事の仕方のコツ

外国人はホームパーティーが大好きです。海外に行く知り合いになったネイティブ外国人からホームパーティーに誘われる機会が多くあります。パーティーのお誘いを受けたらなるべく早く返事をすることが大切です。

この時にあまり気乗りがしないからと日本で良く使われる「行けたら行く」を英語にして“If I could, I go.”などと言ってしまうと、相手は「何か大きなトラブルでも抱えているのか」と混乱してしまいます。「行く・行かない」ははっきりと伝えましょう

そしてこの時大切なのは「go」という単語で、上記の表現は間違いとなります。日本語の「行く」は英訳すると「go」ですが、実は「come」も「行く」という意味で使われるのです。日本語では「come」は「来る」ですが、これは主体がどこにあるかという問題になります。

もしもホストから「パーティーにおいでよ」と誘われた場合には、今どこにいてもその人を中心に考えて”I’ come.” と答えます。ホストの元に集まる、という意味に捉えると良いでしょう。個人的に誘う場合には相手もほぼ必ず”Can you come?” と質問してきますので、素直に「come」で答えれば済みます。

しかし日本人はつい「go」を使いたくなってしまうものです。その様な時には多少ぎこちなくなりますが、”I’ll go to the party.” と言いましょう。もちろん主催者が別にいる場合には「go」を使っても構いません

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする