“Nice to meet you.” に対する答え方 “Me too.” はおかしい!?

日本人がネイティブと初対面の挨拶をする時にお馴染みのフレーズとして “Nice to meet you.” があります。「初めまして」として覚えるので明確な主語や述語がなく、「誰が誰に対して?」という点をあいまいに覚えてしまいます

そのまま訳すと「あなたに会えて嬉しいです」という意味ですが、最初に相手から言われた時には「こちらこそ」と答える際には少し注意が必要です。「こちらこそ=私もです」の意味として “Me too.” と返してしまう人がいますが、これは相手の言ったことをそのまま同じに思う、という意味です。つまり、「あなたに会えて嬉しいです」「私も私に会えて嬉しいです」という意味になってしまうということです。

正しくは “You too.” であり、教科書通りに言うと ”Nice to meet you, too.” となります。”Me too.” は覚え易くていちいち説明する必要が省けるのでついすぐ口にしたくなりますが、主体が誰なのか理解して使いましょう。多少ごちゃごちゃとしますが、気取って “Me too.” と言ってしまうよりはフルで言った方が無難です

余談ですが、ネイティブの素敵な人に ”I like you.” と言われた時に「ヤッタ~」と思ってすかさず”Me too.” と答えてしまうと、相手に怪訝な顔をされてしまいます。

これも上記と同じく「好きです」「私も私が好きです」という意味になってしまいます。
素敵な恋愛をしたいと思ったらここは落ち着いて” I like you, too.” とゆっくり言い返しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加