ちょっとした相槌を要所要所でうつ作戦

英会話ビギナーの人が陥りやすいポイントとして、とにかく何かしゃべらなければ!という強迫概念のようなものを抱いてしまうことがあります。でも考えたら、日本語で話す時も、全ての会話でそうそう気の利いたことなんて言えてないですよね?でも頑張って会話力を上げたい、そんな人はどうしたらいいのでしょうか?

まずお勧めしたいのが、適度な箇所で相槌をうつ、ということです。え?そんな簡単なこと?と思われるかもしれませんが、ちょっと考えてみて下さい。日本語で誰かと話す時、私たちは自然と「うんうん」とか「なるほどねー」などと言っているのではないでしょうか?

これをネイティブと話すときにも、要所要所に入れればよいのです。英語だと「I see」や「Right」「Exactly」あたりが妥当だと考えられます。自分が言いたいことを言えるまでの会話力がまだない人は、ネイティブとの会話の最中にこうした相槌を多く入れることで、会話がよりスムーズに進んで行くことを期待できます。

実際に私も実体験で、こうした相槌を意識して入れ始めたところ、ネイティブの友達とぐんと距離が縮まって、次回から会話をするのが楽しくなりました。

そして次のステップとしては、ネイティブの友達の言う話を良く聞いて、同じようなフレーズを自分もそっくりそのまま真似して言ってみることです。会話は真似することから上達していきます。発音もそうですし、フレーズも全てその通りにまずは真似してみて下さい。自然な言い回しや発音が身について、英会話力はぐんぐん上がっていきますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加