英語がうまく聴き取れない原因とはいったい?!

リスニングを勉強していてもどうして英語をうまく聴き取れないのか・・と思っている人は多いのではないでしょうか。どうして英語をうまく聴き取れないのでしょうか・・。その原因について書いてみましょう。

英語を聴き取れない原因は大きく分けて次の3つあると言われています。英語の音に慣れていない口語に慣れていない英語感覚が身についていない・・・などです。

さらに、CNNやBBCニュースや洋画のセリフなどを聴き取る場合には、他に単語の量や話題についてのスキーマも必要になりますね。

基本的に、原因の一つ目と二つ目については、リスニングの量が不足しているだけなので、英語を聴く量を増やせば解決できます。英語は日本語と違って、独特のリズムがあり、単語をカタカナ読みで覚えても音と文字は一致しませんね。

なので、この場合、習うようり慣れろで、英語を聴く習慣を身につけることが重要でしょう。万が一センテンスが聴き取れず、気になってしまう場合には、リスニング教材についているテキストを活用した勉強法がオススメでしょう。

テキストを開いてCDを流してみましょう。あとは、英語に合わせてテキストのセンテンスを目で追っていきましょう。これを何度か繰り返していくうちに、テキストがなくても英語をキャッチできる耳ができるでしょう。あとは、精聴と多聴を組み合わせ、量を増やしていけばいいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加