ネイティブの発音が身に着く!英会話勉強法とは?!

当然ですが、いくらアウトプットに力を注いだからと言って、発音ができていなければ相手に通じないので意味がないですよね。実は英語は腹式呼吸だと言われており、これこそが英会話上達のコツだとも言われています。

例えば、外国人と会話する時にテンションが高いとか、声が大きいとか感じたことがあるはずです。その理由に英語は声が前に出るからで、そのいっぽうで日本語は音が前に通らず、途中で沈むようです。

なので、日本人が英会話で外国人に通じるよう話たければ、前に前に出すように話す必要があります。そのことを意識して話すようにしましょう。

ネイティブ並みの発音を行うためには、英会話で声を前に出して練習することが重要ですが、単純に前に出しさえすればいいというわけでなはなく、日本語にはない4つの発音について前に出すようにしましょう。その4つの発音とは、R、TH、V、Fのことです。

さらに、この4つの発音を攻略するには、ちょっと驚かれるかもしれませんが、1日たったの10秒で練習する方法があるのです。それは、1~10までの数字を英語で言ってみるだけなのです。

実は、1~10までの数字の中に日本人が不得意とする発音が含まれており、それを意識しなあら10数えるだけでいいのです。実際に私も1カ月ほどやってみましたが、1カ月後にはネイティブ並みの発音ができるようになりました。外国人との英会話において綺麗に発音できるようになるので、一度試してみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加