分かっている本を読むことに意外な効果がある?!

内容をよく知っているDVDを見ることは、とても効果的だということはお分かりだと思います。リーディングにおいても、同様の方法を取ることができます。つまり、まずは日本語に翻訳された本を何度か繰り返して読んで、内容を理解して記憶することに努めます。

さらに、次は英語の原書を読みましょう。そうすれば、ある程度内容が頭に入っていますので、英語の文章がかなり簡単に読めるようになるはずです。

また、脳は英語をちゃんと理解して日本語となり理解しているのか、またすでに知っている内容を理解しているのか・・それは区別できません。実際にはすでに内容をよく知っているので、英語を理解できているような錯覚を起こしているかもしれません。ですが、それで構わないのです。

その理由は、英語の文がすらすら読めたということは、自分にとって大きな自信になりますし、錯覚が本当の知識に変わっていくこともあるからです。なので、よく知っている英語の原書を読んでみましょう。

可能であれば、自分の好きなジャンルで、やさしい英文法のものがオススメです。最初のうちは簡単な英文法のものからはじめ、だんだんと自信をつけていった方が楽しんで勉強できるので、思い切ってとても簡単な、小学生向け程度のものでもいいかもしれないですね

ぜひ、一度チャレンジしてみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加