英会話マスターには英語脳の育成を!

英会話には英語脳が必要だと言われています。英文を読んだり、書いたりするだけなら正直、英語脳は必要ないでしょう。英文の翻訳や作文程度なら、自分のペースでできますし、分からなければ辞書を引いたりする程度でいいですね。

ですが、英会話となれば話は別です。英会話は相手とのキャッチボールですので、相手が話したことを脳内で日本語にいちいち変換していたら、とても会話が成立しませんね。相手の言っていることを即座に理解し、なおかつ英語で答えるのが英会話、つまりコミュニケーションだからです。

少なくとも会話を楽しんだり、英語を実用的に使いたいなら、相手の言っている内容を理解し、それに対しての自分の考えを伝えられるスキルが必要でしょう。

では、どうすれば英語脳を身に付けられるのでしょうか?その方法としては、地道な勉強と継続的なアウトプットが必要でしょう。

私の場合はある時を境にして、英語をいちいち訳さなくてもそのまま理解できるようになっていました。それ以来、リーディングをしている時でも、スピーキングをしている時でも、日本語を使うことはほとんどありません。難しい文章や、分からない英文の時だけ日本語を使う・・という感覚でいます。

英語脳が育成できた原因はどういうことかと考えてみたところ、何年も続けた英語脳育成が基礎になっているのでは・・・と実感しています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加