「足」を表す leg, foot の違い

「あし」と聞くと、どちらが浮かぶでしょうか、「leg」でしょうか「foot」でしょうか。漢字を思い浮かべて「あし」を連想していれば、正確に覚えるだけで、ある程度の使い分けが可能ですが、「足」も「脚」もざっくりとした「あし」のイメージでとらえていると、英語の場合簡単に間違ってしまいます。

「leg」は「レッグウォーマー」という言葉からわかるように、地面に接する部分ではなく、足首よりも上の部分です。ふくらはぎも太ももも、全て「leg」で表すことが出来ます。つまり「脚」です。

一方「foot」は「フットウェア」という言葉からわかるように、地面に接する部分です。足の指や土踏まず、かかとなどです。一般的にはこの部分を「足」と言いますが、「足」は「脚」を含む場合もあるので要注意です。

「足がかゆい」などという時には「leg」もあり「foot」もあることからも日本語の方が曖昧に使い回されています。英語は明確なので足首を拠点に、上は「leg」下は「foot」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加