try to do, try -ing の違い

「try+不定詞」と「try+動名詞」は微妙に違います。

  • I tried to go. (行ってみようと思った)

この表現は、結局行かなかったことを物語っています。不定詞を伴うと「try」の意味は「してみたけどできなかった」の意味となります。この場合過去形で使います。

  • I tried going there. (行ってみた)

この表現は、結局行ったか行かなかったかがわからない表現です。ただ、行けなかった場合は不定詞を使っているであろうと想像できるので、通常はこれは実際に「行ってみた」事を表す場合がほとんどです。

通常「~してみる」の意味で使うのであれば、不定詞ではなく動名詞を使う必要があります。うまくいったかどうかよりもチャレンジしてみたことに意味があるなら尚更です。不定詞にすることで、「やってみようと思ったけどできなかった」か、「やってみようと思っただけで結局しなかった」の意味になってしまいますから、日本語の「トライ」の感覚で英語の「try」を使う場合は、動名詞と共に使います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加