「多分」を表す maybe, probably の違い

「maybe」と「probably」は両方「多分」という意味ですが信じる度合いが違います。

  • Will he come?「彼、来るかな」
  • Maybe.「さあね」

「Maybe」という返事は「多分ね」というよりも「さあね(知るわけないし、どっちでもいい)」というニュアンスで、関心の低さを表しています。日本語の「多分」とは随分イメージが違います。

  • Will he come?「彼、来るかな」
  • Probably.「来るだろ?(こないってことある?)」

「Probably」は、かなり高い確率を表しています。 この場合「来てくれなきゃ困る、当然来るべきだろう」という願いが込められているものの、無責任な彼のことなのでちょっと怪しい、というニュアンスです。関心もあります。

このことからもわかるように、返事フレーズの中に「maybe」を使うのは得策ではありません。「どっちでもいい」ことを強調してしまいます。語気は関係ありません。くれぐれも気をつけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加