「関係」を表す relation, relations, relationship の違い

relation / relations / relationship はどれも関係や結びつきを表す単語ですが、微妙なニュアンスの差が存在します。

まず、relation / relationsは個人間の関係について使われることは少なく、国家や団体などビジネスにおいての関係などを意味します。

relation:公な関係性や因果関係のことをさします。

  • He is a distant relation of mine.( 彼は私の遠い親戚です。)
  • There is no relation between characters appearing, organisations and places to those that really exist.( 登場する人物、団体および地名は実在するものと一切関係ありません。)

relations:国と国などの利害関係や相互に作用する関係をさします。

  • The United States and Japan have good relations.( アメリカと日本は友好関係にあります。)
  • We have no business relations with the company.( 私達はその会社と取引がありません。)

relationship:主に個人同士の結びつきを表し、人間関係や恋愛関係を表現する時に使います。日本語でも「あなたと彼とは関係があるの?」というと恋人かどうか問う時の婉曲表現でもあるように、英語でもそのようなニュアンスがあります。

  • I’m in a committed relationship with her.( 私は彼女と真剣に付き合っています。)

最近ではrelationshipから派生した”ship”というスラングもあり、「2人の仲を応援するよ」という時に使います。

  • I ship Justin Bieber and Selena Gomez.( 私はジャスティン・ビーバーとセリーナ・ゴメスが上手く行くと良いなって思ってるわ。)

外国人の彼との関係をはっきりさせたい時はrelationshipを使ってこのように聞いてみてもいいかも!?

  • What kind of relationship do we have?
  • What kind of relationship is ours?(私たちの関係って何?)
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする