「想像」を表す imaginative, imaginary, imaginable の違い

imaginative, imaginary, imaginableは、どれも「想像」にかかわる単語です。見かけが似通っているので、どれを使ったらよいのか分からなくなってしまいそうですね。各単語の意味がどのように異なるのか説明します。

imaginativeは、「想像力(あるいは創造力)に富む」という意味です。新しい物事を考え出す能力に長けている様子のほか、創意を感じさせる物事に言及するときに使います。inventiveと意味が近いです。

  • I’m not particularly imaginative.(たいした想像力は持ち合わせていません)
  • He came up with imaginative pranks.(彼はとんちの効いたいたずらを思いついた)

imaginaryは、「想像上の」という意味です。空想や仮想に基づく、実在しない物事や人物を指すときに使います。

  • I had an imaginary friend when I was a kid.(子供の頃は、空想上の友達がいました)
  • This character is purely imaginary.(このキャラクターは、完全に架空のものです)

imaginableは、「想像できる」という意味です。何かが想像可能な範囲にあることを表現する際に用います。

  • He tried every imaginable remedy.(彼は、考えられる限りのあらゆる治療法を試した)
  • You have to prepare for the worst case imaginable.(想定される最悪の事態に備えなければなりません)

「想像」を表す imaginative, imaginary, imaginable の違いのまとめ

  • imaginative → 想像力が高い
  • imaginary → 想像上の
  • imaginable → 想定範囲にある

このように、意味にははっきりとした違いがあります。多くの用例に触れるなどして身につけていくのがよいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加