「恥ずかしい」を表す embarrassed, ashamed の違い

embarrassed, ashamedは、両方とも「恥ずかしい」という意味があります。どちらを使っても似たようなものだと考えてしまいそうですね。しかし、各単語が表す「恥ずかしさ」には違いがあります。その違いについて用例を交えつつ説明していきます。

embarrassedは、他者の存在や視線を意識することによって生じる恥ずかしさを表します。例えば、人前で転んでしまったときや、人目のあるところで欠点や落ち度をさらされたときに感じるような、ばつの悪さをいいます。

  • The singer looked embarrassed after falling off the stage.(その歌手は、ステージから落っこちて恥ずかしそうだった)
  • He is embarrassed about his weight.(彼は自分の体重を恥ずかしく思っている)

ashamedは、他者の価値観には直接関係なく生じた恥ずかしさを表します。例えば、状態や行為に関する自責の念や罪悪感からくる恥ずかしさです。照れくささを指す場合には使いません。なお、他人の卑劣な行為などが自分としては道徳的に許せないと感じるときにもこの単語を使います。

  • I’m ashamed of my tendency to procrastinate.(私は自分の先延ばし癖が恥ずかしいです)
  • I can’t believe what you did. I’m ashamed of you!(君のしたことが信じられない。君のことを恥ずかしく思うよ)

「恥ずかしい」を表す embarrassed, ashamed の違いのまとめ

  • embarrassed → 世間体を意識して感じる恥ずかしさを形容する単語
  • ashamed → 自分の胸に手を当てて(内省して)感じる恥ずかしさを形容する単語

いずれも日本語では「恥ずかしい」となるので判断に迷うこともあるかもしれませんが、意味の差を意識すれば使い分けが身についていくことでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加