「湿っぽい」を表す damp, moist の違い

damp, moistを辞書で引くと「湿っぽい」「湿気が多い」という似通った訳語が載っています。一見しただけでは、どのように使い分ければよいのか迷いますね。各単語の意味がどう違うのか説明します。

dampは、わずかに湿り気があることを指し、不快感を暗示することが多くなります。また、寒さや冷たさを連想させます。

  • I arrived in Liverpool on a cold, damp morning.(寒く湿った朝にリバプールに到着した)
  • Do not store this medicine in damp places.(この薬は湿った場所に保管しないでください)

moistもわずかに湿っている状態を指しますが、dampと異なる点があります。それは、不快感を暗示しないことです。つまり、ポジティブなニュアンスがあります。食品に含まれる水分や、目や唇の湿りを表現するために使われることが特に多いです。

  • I love moist and chewy cookies.(もちっとして歯ごたえのあるクッキーが大好きです)
  • She wiped her moist eyes with the back of her hand.(彼女は、潤んだ目を手の甲でぬぐった)

「湿っぽい」を表す damp, moist の違いのまとめ

  • damp → 「不快感のある湿気」を形容するときに使う
  • moisut → 「心地よい(あるいはちょうどよい)湿気」を形容するときに使う

ネガティブなのがdampで、ポジティブなのがmoistと区別すると覚えやすいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加