「保留」を表す suspend, reserve, delay の違い

suspend、reserve、delayは「保留する」を意味していて、判断の時期や物事の状況などで使い分けをします。

suspendは、基本的には一時的に物事を保留する場合に使われます。保留の状態は一時的で、一定期間を過ぎると判断を決定する見込みがある時に使います。

  • Judgment in favor will suspend.(賛成の判断は保留します)

reserveは、将来の事を考えて保留する時に使われます。

  • I reserve to go to the University of Tokyo.(私は東京大学に行く事を保留します)

delayは、判断や決定などを自発的に遅らせる時に使われます。

  • I will delay the decision of joining up to next month.(私は入社の決定を来月まで保留します)

物事を延期する意味が入る場合、postponeの英単語を使うことも可能です。

「保留」を表す suspend, reserve, delay の違いのまとめ

  • 一時的な保留→suspend
  • 将来的な保留→reserve
  • 判断を遅らせる→delay

「保留する」の英単語は、物事や行動の判断を確定する時期や決定の仕方などで使い分けるといいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加