「直す」を表す mend, repair, correct の違い

mend, repair, correctの英単語は、いずれも「直す」の意味があって、直している物などによって単語の使い方が変わります。

mendは、簡単な物を修繕する時に使用する事が多いです。

  • He mended the doll in the paper.(彼は人形を紙で直した)

repairは、複雑な物を直したり、多くの人が修繕する事が困難なものを直す時に使います。

  • I had them repaire a flat tire yesterday.(私は昨日タイヤのパンクを修理してもらった)

healやcureは「治す」の意味がありますが、物を修理する意味で使う事はなく、基本的に病気や怪我を治す時に使用します。

correctは、書いてある事の誤りなどを正しく修正する時に使います。

  • My teacher corrected an error in calculation.(先生は計算の誤りを直した)

「直す」を表す mend, repair, correct の違いのまとめ

  • 簡単な物を直す→mend
  • 複雑な物を直す→repair
  • 記載の誤りを直す→correct

「直す」の英単語を使う場合、直す物の難易度や物の複雑さに応じて使い分ける事が重要です。文章や文字を修正する時にはcorrectを使用した方が望ましいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加