「木」を表す tree, wood, shrub の違い

tree、wood、shrubは「木」を表す英単語で、木の高さや加工の状態などで使い分けるのが基本です。

treeは、数メートル以上の高さの木を表していて、人の手によって加工されていない事が前提で、天然の木である事が特徴です。

  • I’m going to plant many trees along the road.(私は道路沿いに木を植えるつもりです)

woodは、天然に植えられている木々を人の手が加工した時に使用されます。

  • I got a box of wood from him.(私は木の箱を彼から貰った)
  • I lived in a house made of wood.(木で作られた家に住んだ)

shrubは、数メートル以下の低い木を表している事が特徴で、かん木としての意味合いもあります。

  • There are many shrubs here.(ここはかん木が多い)

「木」を表す tree, wood, shrub の違いのまとめ

  • 天然→tree
  • 加工→wood
  • 低木、かん木→shrub

「木」の英単語は、木が加工された状態であるかどうかで使い分けを見分けるとわかりやすいです。自然の中に存在する木の中で、大人の男性が手を伸ばした時に木の天辺まで届く高さの程度の木は、shrubを使用する事が望ましいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加