「音」を表す sound, noise, tone の違い

sound、noise、toneは「音」を意味する英単語で、発生している音の心地よさや聞こえ方などの条件によって、異なった単語を用います。

soundは、生活などで一般的に用いられている英単語です。

  • I woke up at the sound of my alarm clock.(私の目覚まし時計の音で目が覚めた)

「~の音が聞こえる」「~の音がする」を英訳する場合はsoundやnoiseを使う必要はありません

  • I can hear the applause.(拍手の音が聞こえます)

noiseは、雑音や騒音が発生している時に用いられます。

  • I woke up in the noise of the traffic.(車の音で目を覚ました)

toneは、楽器などから聞こえる心地よい音を表現する時に使います。

  • Trumpet tone is pleasant.(トランペットの音が気持ち良い)

「音」を表す sound, noise, tone の違いのまとめ

  • 一般的な音→sound
  • 騒音・雑音→noise
  • 楽器からの音→tone

どの場所から音が発生しているのかを把握して、「音」の英単語を使い分けます。音が発生している時の気持ちなどを感じながら、上手に使い分けると使いやすいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加