実は色々ある「よく」という英語表現

「よく」の意味は?と日本語で考えてみると、複数の意味が浮かびます。例えば「よく行く店」の「よく」や、「よく観察する」の「よく」です。日本語で考えても複数あるので英語も当然あります。ですが、英作文や英会話をしている時に、ふと「よく」という日本語が思う浮かぶと、その「よく」の持つ意味を深く考えずに、その場で思いついた「よく」の英語を使ってしまい、間違うパターンがあります。

  • 「私はそのレストランによく行く」 I often go to that restaurant.

この「よく」は「頻繁に」「しょっちゅう」の意味ですから、「often」を使います

  • 「よく見てください」  Please look at it carefully.

この「よく」は「注意深く」の意味ですから「carefully」を使います

  • 「よく洗ったほうがいいですよ」 You’d better wash it enough.

この「よく」は「十分に」の意味ですから「enough」を使います

日本語の「よく」そのものがいろいろな意味を持っているので、そこを一歩突っ込み考えれば、正しい英語を使うことができます。とっさに浮かんだ「よく」を使いまわすと、とんちんかんなことを言ってしまう場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする