「種類」を表す kind, type の違い

kindとtypeは、ともに種類を表している言葉です。この2つはどちらも同じように利用することができるものの、指定している意味が異なっているので、誤った理解をされてしまうことがあります。普段よく利用されるtypeと、別の使い方があるkindでは、どのような違いがあるのか知っておく必要があります。

kindは種類を示す言葉ですが、類という部分が主となっており、こうした種類がありますという場合に利用します

  • Please divide it into this kind.

という文章のように、種類に分けてくださいという場合、類を考えていくときにはkindを利用することになります。

一方でtypeというのは、

  • There are various types.

という使い方のように、「型」を表す単語となっています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加