「香り」を表す fragrance, aroma, perfume の違い

日本でも香りを表現するとき、フレグランスやアロマを利用することが多くなり、一般的な使い方をされることも増えています。しかしこの2つには明確な違いがあるだけでなく、英語にはもう1つ示すことのできる単語が用意されており、この違いも知らなければなりません。

fragranceは、いい香りがするときに利用するものであり、嫌なにおいに対してはまず使われません。嫌なにおいについては、smellを利用することが多く、これによって嫌な臭いや香りについて表現することが多いです。

同様にaromaも、いい香りという意味を持っていますが、より強力であることを証明するために利用することが多いです。

  • Aroma of wine is strong.

のように、強い感じを与えるときに利用されます。

ちなみにperfumeも同様に利用することができますが、香水を示す単語となっており、

  • Please give this perfume.

のような利用法があり、名詞として利用されるケースの方が圧倒的に多いことも覚えておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加