「恐怖」を表す fear, scary, horror の違い

ホラー映画のように、怖い映画を見る人も結構いるかと思いますが、この怖いという単語について、英語では幾つかの表現があるため、間違えやすいと言われています。単語の使い方を間違えてしまうと違った意味に捉えられてしまいます。

fearは一般的な怖さであり、色々な用途に利用できるものです。畏怖という別の意味も持ち合わせています。

  • He has fear in the dog.(彼は犬に畏怖した)

などの使い方があります。

同様に利用されているのがscaryであり、

  • This wall is scary.(この壁は怖い)

のように、様々な用途で使われます。どちらかと言えば、こちらの方が一般的に利用されており、犬が怖い時にも使えます。

ホラー映画のように、horrorも怖いを表しますが、嫌な気持ちを表すときに使われます。ホラー映画は、horror filmと表記しますので、日本語でも「ホラー」採用されます。terrorも似ているとされていますが、現実で感じることに利用されるので、嫌ではなくても怖いと思った現実があれば利用することがあります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加