「謝る」を表す apology, excuse の意味の違い

日本人はすぐ謝るのに英語圏の人達は滅多に謝らない、などといわれますが、英語にも当然、謝る表現は存在します。代表的な謝る動詞には、apologyとexcuseがあげられますが、この2つの意味は大きく異なりますので、区別をしっかりつけて使用するよう気をつけましょう。

日本的な意味での謝罪、自分の非を認めてお詫びの意思を表明したい時は、apologyが適切ですが、一方のexcuseは、失敗や過失などがあったことは認めるものの、自分なりの弁明、或いは正当性を主張しようとする時に使う表現になります。

平謝りならapologyを、そうではなく、なにがしかの言い訳を表明したい時はexcuseを使いましょう。職場や取引先には対案や善後策を示さない謝罪は滅多にしないものですから、ビジネスシーンではapologyではなくexcuseが使うものだと考えておくと良いでしょう

会社に遅刻したからといって、上司にapology for being late などといってしまったら、「あ、そうなの?じゃ、給料から天引きしておきますね。」といわれて、反論する機会もなく決定してしまいますので、ご用心。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加