「理由」を説明するときに使う because, since, as, for の違い

なにかの理由を説明したいときに良く使われる単語に、because、since、as、forがありますが、実はそれぞれ次のようにニュアンスが違っています。

because – もっとも一般的な理由をあらわす表現です。話し言葉にも文章にも使われます。迷ったときにはbecause を使うのが無難でしょう。

since – 同じく理由を説明する表現ですが、話し言葉の中ではなく文章を書くときに使われます。めがねをかけたインテリがなにかを説明しているような感じです。

as – sinceと同じ文章の中で頻出の単語ですが、asはsinceと異なり、「~だけれども」や「~しながら」など、読み手にどのような意味で使っているのか誤解される可能性があります。「~なので」という理由を明確に伝えたい場合は、becauseないし、sinceを使うのが良いでしょう。

for – forを使って理由を示すことも可能ですが、日常会話や文章で使われることは少ないです。詩人になった気分で for ~ と書いても伝わるとは思いますが、日本でいえば、「今日はあなたがサラダがおいしいといったから、今日はサラダ記念日。」の「から」に相当する感じです。(年中使っていると、ちょっと面倒な奴だなと思われてしまうかも)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加