「思う」を表す think, believe の違い

「思う」の意味で多用される「think」は、強くも弱くも無いニュートラルな思いを伝えられる便利な動詞です。ただ、意見交換の際に「私は、こんな風に思うよ。他の人がどう思っているかはわからないけど」というニュアンスを出す場合、「think」は威力が全く足りません。

  • I believe it was ok.(私は大丈夫だと思うよ。私個人的にはね)

「believe」を使うと、自分がどう思うかというところに焦点が絞られています

  • I think it was ok.(「いいと思います」=いいんじゃない?=いいでしょ、きっと?)

「think」を使うと自信も確信もありません。ある必要もありません。「そうでしょ?ちがう?」くらいの感覚でも使えます。そのため信念は全く感じられませんし、意見というほど大げさなものでもありません。

自分の意見を強調したい時は主語である「I」の部分を「アーイ」と長く強く言うことで強調することはできます。ただこれではあからさまです。からさまに語気を変えず、それでも静かに主張できる「believe」は、意外と重宝します

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加