英語の発音を上達させるにはまず幼児向け英会話でアルファベットの発音から

英語の発音を上達させたいと思ったら、まずは一つ一つのアルファベットの発音をきちんと矯正することから始めます。
英語のアルファベットには日本にはない発音が多く、平仮名やカタカタで表現できないものです。
最初から英語にカタカナを振って覚えてしまった人は特に、自分の発音を全てリセットする必要があるのです。
アルファベットの「ABC」を例にとっても、「B」はカタカナの「ビー」ではありません。
唇を閉じて思いっきり息を吐き、その時に発する「ブッ」という「音」に「イー」という母音を乗せて発音するのです。
この様に日本語で解説すると長くなってしまいますので、幼児向けの英会話教材でアルファベットから学ぶことがお勧めです。

幼児向け英会話教材の中には「フォニックス」も同時に学べるものもあります。
フォニックスとは、その単語が持っている一定法則の発音方法です。
例えば「C」はカタカタで表現すると「シィ」の他に「クッ」という摩擦音での発音があります。
英語は例外を除き、全ての単語できちんとアルファベットを発音しています。
「CAT」はこちらもカタカナで無理やり表記すると「クッ」「アァ」「トゥ」を繋げて発音したものになるのです。
これを「キャット」と覚えてしまうと発音が悪くなってしまうのです。
一つの単語だけなら何とか通じても、話す言葉が全て英語にはないカタカナ言葉だと、さすがにネイティブには通じないでしょう。

英語の発音を上達させる為には今までのカタカナ英語を全て忘れて、一つずつアルファベットを身につけていくのが近道です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加