英語の発音の上達にはアクセントが大切

英語の発音が悪いと悩んでいる人の多くは、アクセントが悪い為に通じないことが多いものです。
日本語は全ての単語が平淡に発音することが多く、会話の中でも一部の同音異義語以外は文章の中で特に強く発音する言葉はありません。
しかし英語は基本的に、単語一つ一つに強弱があるものです。
単語の頭にアクセントが来るものや、第二音節にアクセントが来るもの等、様々です。
このアクセントに注意をせずに「どかどか」と単語を言うだけでは外国人には英語には聞えないのです。
英語の発音を良くしたいと思ったら、まず英語のアクセントを大切にしましょう。

英語の基本文型は日本語と全く違い、主語の次に述語がきます。
この部分を強調しないと最初の段階で「英語」であることが伝わりません。
とにかく勇気を持って “I want to go..” “I like..” など、最初の言葉を強めに行ってみましょう。
相手が自分の言うことに耳を傾けてくれますので、その続きを言います。

日本人によくありがちなのは、発音だけではなくボキャブラリーに自信が無い場合に単語の語尾を上げて「?(合ってるかな?)」と言ってしまうことです。
会話の中でいちいち単語の語尾を上げて話されると伝わらないばかりか相手をイライラさせます。
自信がなくてもその単語が持っているアクセント通りに発音しないと話が先に進みません。
また、日本人は手で口元を隠したり、大きな口を開けるのが苦手な人が多くいます。
しかし外国人は分からなければ口元まで顔を持ってきます、発音が悪い人ほど大きな声ではっきり言わないと、余計に声が出なくなってしまいます。

発音を上手くする為には、アクセントと大きな声に注意して英会話を学びましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加