この役立たず! もしくは 謙遜?

英語を習い始めの定番は、

  • Thank you.
  • Thank you very much.

ですね。

親しい間柄なら

  • Thanks.(どうも、ありがと)

で済みます。

会社や店舗で耳にするのが、

  • Thanks for nothing.

です。

Thanks for ・・・.というのは「・・・をありがとう」という意味です。廊下で書類を落としてしまって、拾うのを手伝ってくれた人に

  • Thanks for your help.

と言いいながらニコと笑って、

  • Shall we have lunch or dinner together?

と食事に誘うのがスマートです。

  • Thanks for nothing.

の直訳は、「なにもないのでありがとう」です。つまり、「この役立たず!」・「はい、はい」ですね。若い人なら「はいはい(”、”がありません)」。もしくは、「もういいよ」という感じです。ネット用語的には「全然いいです」・「さむー」といった感じでしょうか。

ショップでは、探し物を店員に聞いた際に、”扱いがない”と言われたときに落胆と嫌味を込めて、ニコッと笑いながら

  • Thanks for nothing.

とお礼を言う時にも使われます。

badなシーンだけではありません。何か、助けてもらって

  • Thank you very much.

と、お礼を言うと、助けてもらった人から

  • Thanks for nothing.

と、返されることがあります。意味は、「お礼を言われるほどのことはしてないよ」です。つまり、謙遜しているのです。

このように、シーンによって

  • Thanks for nothing.

の意味合いは違うので、面白い表現です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加