辞書にあるchillとネイティブがよく使うchillの違い

Chillという意味は、英語の授業で「寒さ」「冷気」などという意味で習ってきました。
冷凍商品などのチルドもchillの過去形chilledから来ています。ところが、実際にネイティブスピーカーの使うchillはまた違った意味で使われます。


動詞としての、chillingは「のんびりしてる」「リラックスしてる」という意味になり、電話で

  • What are you doing?(今何してるの?)

と聞かれたら

  • I’m just chilling. (ダラダラしてるよー)

と答えることもあります。

また、出かけるときなどはhung out と同じようにchill outと使い、

  • will you chill out tonight?(今夜出かける?)

となります。

形容詞として使われるchillは、「落ち着いた」とか「のんびりした」などとなり、

  • He is really chill. ( 彼は本当に落ち着いたひとです)

となります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加