選択を迫るときに利用されるIt’s up to you.

どのような選択をさせるのか、相手の方に決めさせる場合、It’s up to you.という表現を利用することになります。ネイティブの方は、あなた次第というこの表現をよく利用しており、2つの選択肢があるときにどちらを選ぶのか決める際に、この表現を利用していることがあります。

It’s up to you.と伝えられたことによって、どちらかを選ばなければならないこと、選択権が自分に存在していることを告げることができます。自分は選ばないから、君から選べばいい、それはあなた次第であるというときに利用することが多いです。これによって、先に選ぶことができるんだと感じてくれることが多いです。

上記の文章を英文にすると、

  • Because I can not choose, Do not choose earlier. All is up to you.

という英文になります。先に選ぶことができる点をしっかり確認して、言われたときは自分がその選択をしっかり行ってください

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加