これは本気だと言うときに利用する別の言い方

これは本気だとか、これは本当だというような言葉は、英語の世界でも利用されています。This is a serious.のように、普通に使われている言葉もありますが、実際にはI’m not kidding.という言葉も採用されています。これも本気だというイメージの言葉ですが、実はもう1つ存在しているのです。
I kid you not.がこれに該当する言葉であり、ネイティブがよく利用している英文の1つとなっています。ちょっと文章的には違うかもしれませんが、けている言い方として利用しているために、こちらも正しい言葉となっているのです。

That child got to get married.という話に対して、I don’t believe it!や、That’s incredible.という返答をする場合に、I kid you not.を利用することがあります。これによって、本気であることをしっかり示して、真実であることを告げるのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加