I stand correctedがよく使われるビジネス用語に

間違っている場面で、自分が悪いと思っているなら、sorryなどの単語を利用した文章を作るのが一般的です。ネイティブでは、I stand corrected~という文章が使われることもあり、

  • I stand corrected.Your opinion makes sense.

のような使い方をします。

本来間違っているときに利用されるものは幾つかあり、I was wrong.を利用することもあります。当然謝る言葉を利用して、悪いことを表現することも多いのですが、実はそれ以外の言葉を利用することもあり、それがI stand correctedなのです。この方がビジネス上ではかなり優れており、本当に悪かった。そちらの方がいい考えだという使い方ができるのです。

  • I stand corrected.It will be successful if the proposal.(私が間違っていた。その案なら成功するだろう。)

という使い方もあり、ビジネスの場で間違っているときに、この表現が使われます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする