派手な服を表現するloud clothingも知っておこう

派手なという表現は、flashyが利用されることが多いです。一般的にはこちらの方が使われているかもしれませんが、服に関して言えば別の表現を利用されていることがあり、ネイティブはこちらを好んで利用することがあります。loud clothingは、派手な服という表現になり、Not a loud clothing?という使い方があります。

勿論普通に訳すと、そうした表現にはならないのですが、ネイティブには派手な服として考えられる表現となっているのです。loud clothingを使われているときは、派手な服だねと言われているようなものと考えておくといいでしょう。

例えば、

  • Okay flashy clothes today?

と本来言われるところ、ネイティブだと、

  • Okay loud clothing today?

に変わっています。loud clothingというのは、派手な服としてネイティブの中では浸透している言葉なので、使われて変だなと思わないようにしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする