話をしようという言い方に気をつけよう

話をしようという言い方をするとき、We need to talk.という使い方をするケースがあります。しかしこの使い方は、非常によくないと言われており、ネイティブにはマイナスイメージの使い方となります。この使い方をすることは、離婚などのマイナスに関する話し合いをすることになり、イメージダウンに繋がってしまうのです

重要な話があるというイメージを持たれてしまうので、この使い方をすることは止めたほうがいいです。もし軽い気持ちで話をしたいと思っているなら、Can we talk?を利用することが一番であり、これなら悪いイメージを持たれる心配もありません。安心して話をすることができます。

We need to talk.という切り出しは、別れることを意味するとされていて、ネイティブの中には使わない人も多くいるくらいです。日本人からすると、そのように見えないかもしれませんが、実際には複雑な事情を持っている言葉なのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする