商談のときにやわらかい表現であるIt’s a deal.

dealという単語は、取引と言う意味を持っており、商談をするときにはよく利用されている単語です。本来商談成立だねという表現をするのであれば、That’s quotient.という言葉を利用することがあります。これによって商談は成立していると判断できるのですが、かなり硬い言い方となってしまいます。

より柔らかい言い方を求めているネイティブに取っては、It’s a deal.の方が使いやすい表現となっています。取引を成立させたという意味を持っており、これで手を打つという意味も持ち合わせています。これによって商談が成立することになり、今後はさらにビジネスの加速が期待できるものとなっています。

使い方は以下のようになります。

  • Or should you deliver this product within 5 days?(この商品を5日以内に納入すればいいか?)

という商談の質問に対して、

  • It’s a deal.(これで手を打とう)

という返しを行います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加