中学校の授業では出てこない「Let」の他の使い道

中学校教育で登場する“Let”はさまざまな使い道があります。中学校では“Let’s Go!!”「行こうよ!!」が有名かつ印象的です。
しかし、このLetには他の場面でも対応することができます。例えば…

  • Let me try. 「私にやらせて」
  • Let me know. 「私に教えて」

などがあります。このように“Let me ○○○”で「私に○○○させて(して)」の意味があります

さらに応用させると、

  • Let her try「彼女にもやらせてあげて」

となります。子供たちがゲームをしていて、ひとり仲間はずれになっていた時や、第三者にも経験させておきたい時などに使用できるフレーズです。もちろん後ろの単語を変えることで

  • Let her know 「彼女にも教えてあげて」
  • Let her choose「彼女に選ばせてあげて」

といった表現になります。

私たち日本人でも日常生活で頻繁に使う単語。
英語バージョンでも覚えてみてください。きっと使う時は訪れる筈です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加