ネイティブはとことん短縮して話す

I want toという英文は、勉強をしているときなら当たり前のように感じるはずです。しかしネイティブはこんな言い方をしたくは無いので、短縮して話すことがあります。一番多いのはwannaという言葉であり、I wanna~という使い方は結構されています。

例えば、私は言いたいと話したいとき、通常だとI just want to sayという書き方になります。しかしwantとtoを一緒に使うのは面倒ですし、言いづらい話でもあります。そのため以下のとおりに話している人が多いです。以下は私は声を大にして言いたいという場合のものです。

I wanna say in the large voice.

これでも十分に通用しますし、wannaはネイティブ圏であれば当然のように使われている言葉なのです。これを使えないと、なぜ回りくどい言い方をするのかなと言われることもあるくらいで、短縮形はとても大事なものになっているのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加