How’s going?

日本では「ご機嫌いかがですか」と英語で聞く際に「How do you do?」という言葉を使うように教えられますが、実は、この言葉は一切英語圏で聞くことは無いと言っても良いでしょう代わりに、「How’s going?」などが良く使われます

A:「How’s going?」(調子はどうよ?)
B:「Fine,how’s going,you?」(いいよ、君は?)

ラフな挨拶をする際にこの表現が良く使われます。

B:「Good,thank you and you?」といような表現で返しても良いでしょう。同じ意味です。

ただし、これはもちろん気心の知れた友達や兄弟などに使うような挨拶ですから、上司やフォーマルな場では使いません。こういった目上の方に挨拶をする際には下記の表現を使いましょう。

「How are you?」(ご機嫌いかがですか)の後に、女性に対してはmaam(夫人)もしくはMs(夫人・お姉さん)、男性に対してはsir(紳士)を語尾につけると、丁寧な表現となります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加