ありえないという英文は全く違う表現になる

ネイティブの方が、あり得ないという表現を利用するとき、基本的にI can not believe itなんて言いません。この言い方は文章として記載するときは正しいのかもしれませんが、実際に遣うとなれば長すぎるのです。

そのため実際に使われる表現は、全く違うものが採用されます。例文として、That person, seems to have stolen carという文章を出します。あの人は車を盗まれたらしいよという話を聞いたとき、厳重に管理をしている人ならあり得ないと思うかもしれません。

そんなときにI can not believe itを使うのはおかしいので、no wayという言葉を利用することもあります。これもありえないという表現の1つになっています。

長いものを嫌っているのがネイティブの特徴といえることで、実際にこうした単語についても、no wayのように簡単なものを利用している方が多くいます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする