「Excuse me」の色々な使い方

学校では、「Excuse me」は知らない人に話しかける場合に使うと学習しました。

  • A: Excuse me, but could you tell me the way to the station?(すみません。駅へ行く道を教えていただけませんか)

他にも「Excuse me」は様々な場面で使われます。たとえば、相手の発言したことが分からない、聞き取れないときに訊き返す場合です。

  • A: Where did you visit last summer?(去年の夏はどこに行ったの?)
  • B: Excuse me?(何ですって?)
  • A: I asked you where you visited last summer.(去年の夏はどこに行ったのかって、訊いたのさ)

訊き返すときの「Excuse me」は最後にイントネーションがあがります
もちろん「Excuse me」のかわりに「Pardon?」や「Sorry?」(どちらもイントネーションが最後にあがる)で訊き返してもかまいません。

「Excuse me」は会話の場から立ち去るときにも使われます。この場合、イントネーションは下がります

A: You asked for my permission, but my answer is no. Now, excuse me.(許可が欲しいと云ったけれど、あげられない。じゃあ、失礼させてもらうよ)
B: Wait!(待って!)

「Exucse me」はもともと「私をゆるす」という意味で、そこから発展して様々な場で使われる表現になりました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする