苦手な英文法を克服する為の勉強法

英文法をマスターするには中学レベルの基礎的な文法は理解できないと、参考書等をいくら精読してもただ読むだけで終わってしまいます。基礎固めとしてまずは中学で習う文法を学研等のテキストで復習し、英文法に必要な土台作りをしっかりやる事が大切です。高校の復習まで出来れば理想ですが、あまり復習ばかりやると飽きてしまいますし5文型が理解できていればいいので中学まででも十分かと思います。

基礎が理解出来たら参考書で文法用語やルールを学んでいくわけですが、参考書は書店で実際に読んでみて自分にとって読みやすいものを選ぶようにするといいです。

読み始めたらまず一週目は流して読んで分からない箇所はその場で調べる事はせず付箋等でマークしておきます。調べながらやってしまうと挫折する可能性が高くなるので、平行してやらずにまずは分からなくても一通り読んでから苦手箇所に手をつけたほうが効率がいいです。

ある程度理解できるようになったら瞬間英作文トレーニングがオススメです。文の構成を頭で理解する事も大切ですが、実際に自分で組み立てて文の並び等を覚えていくと知識だけで止まっていたものが実力に変わっていきます。

こういった瞬間英作文のテキストにはだいたいCDが付いているので、車や電車の中でも聴けて時間を有効活用ができます。音で聴く事により、自然に文法の実用的な使い方が身に付きますし、テキストとは違い和文を英文に訳す時間が限られてしまうので英語を作る速度が上がり瞬発力アップに繋がります。こうして英文法を効率良くマスターしていけるかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加